横浜ロジスティクス

横浜第1フレッシュセンター

横浜第1フレッシュセンター
構造 鉄骨地上5階建
敷地 7,078.81㎡
建築面積 3,819.74㎡
延床面積 9,363.00㎡
荷捌 7,580.00㎡
(出荷待機冷凍庫400,00㎡)
(入出庫設備) ドッグシェルター7基
高床ホーム併設
倉庫 784.000㎡(自動倉庫)
管理エリア 999.00㎡

第1フレッシュセンター庫内画像

5階

常温庫(定温20℃)

常温庫(定温20℃)

パーシャル庫(冷蔵0~10℃)

パーシャル庫(冷蔵0~10℃)

3階

冷蔵庫(7~10℃)

冷蔵庫(7~10℃)

冷凍保冷庫(冷凍-20℃)

冷凍保冷庫(冷凍-20℃)

1階

冷蔵庫(7~10℃)

冷蔵庫(7~10℃)

自動倉庫(冷凍-25℃)

自動倉庫(冷凍-25℃)

横浜第2フレッシュセンター

横浜第2フレッシュセンター
構造 鉄骨地上3階建
敷地 5,261.19㎡
建築面積 3,563.87㎡
延床面積 4,787.25㎡
荷捌 3,502.07㎡
(大庇下部544.00㎡)
(入出庫設備) ドッグシェルター29基
(10t対応ドックレベラー4基)
倉庫 829.26㎡(3階倉庫パッキング加工エリア)
管理エリア 455.92㎡

冷蔵帯倉庫

冷蔵帯倉庫
構造 2階層3階建て
総面積 4,787㎡
冷蔵エリア 7~10℃
荷物用エレベーター 1基
積載重量 5,000kg
ドッグシェルター 29基

横浜第3フレッシュセンター

冷蔵帯物流倉庫

横浜第3フレッシュセンター
構造 平屋建
総面積 3,142㎡
高床部 1,536㎡
低床部 1,606㎡
冷蔵エリア 10℃
ドッグシェルター 13基(高床部)
自動開閉式
シートシャッター
2基

第3フレッシュセンター施設運用

各スーパーの店舗向けの仕分、配送を行っています。
ハンディターミナル(HT)を使用し、環境に配慮したペーパーレス作業で迅速・正確な店舗仕分を行っています。
各店舗への配送も自社主導で行い、入荷から出荷、配送までの一連の業務を担っています。

第3フレッシュセンター施設運用

湘南藤沢地方卸売市場 食品流通センター棟

湘南藤沢地方卸売市場 食品流通センター棟
構造 鉄筋造地上2階建
総面積 15,384.00㎡
建築面積 3,937.27㎡
延床面積 7,535.25㎡
冷蔵エリア 10℃
冷凍エリア -25℃
ドックシェルター
18バース
4t16基、10t大型2基
貨物用エレベーター 1基
垂直搬送機(1000kg) 2基

湘南藤沢地方卸売市場内に新たな物流センターを開設致しました。将来の首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の延長計画より県内はもとより都内・静岡近県への配送拠点に適した食品流通センターです。
食の”安全・安心な運用”をコンセプトに冷蔵・冷凍スペースの充実した三温度帯管理施設で、在庫型と通過型の機能を持ち、顧客ニーズに対応。市場を活用した最適な青果物流通が出来る食品流通センターです。

横浜ロジスティクスの取り組み

横浜ロジスティクスの取り組み

倉庫内作業

保管

保管

小分け

小分け

パック

パック

仕分

仕分

カット

カット

店舗別仕分(スーパーマーケット向け)

店舗別仕分(スーパーマーケット向け)

各ベンダーから入荷したものを店舗別に仕分けし、出荷しています。
HTを使用し、誤出荷撲滅を心掛けています。
少ロットの仕分にも対応可能。
ピースピッキングも行っています。

有機JAS小分け

有機JAS小分け

有機食品販売会社からの業務委託です。
産地からFCに届いたものを小分けし、
箱詰め後、宛名ラベルを貼付して出荷。

パック加工

パック加工

原料で入荷したものをお客様の要望に合わせてパック詰め・袋詰めを行い出荷します。
容量やサイズのご要望により様々な種類に対応が可能です。

カット野菜(脱気加工)

カット野菜(脱気加工)

核家族化が進み、丸のままでは販売が難しくなってきています。
1/4や1/2にカットし、脱気加工をして納品しています。