品目情報

にんにく

にんにく
ヒガンバナ科ネギ属

高い強壮効果をもつ薬用植物!

料理の香りづけに欠かせないニンニクは、古くから日本でも薬用植物として利用されてきました。
夏バテ防止に食べることが多いのは、香りのもとである「アリシン」に強い殺菌作用があり、スタミナ補給や疲労回復に役立つためです。

【参考文献】
『見て楽しい!読んでおいしい!日本の食材図鑑』(新星出版社)

『とれたて大百科(にんにく)』JAグループ

原産地
中央アジア
主な種類
ところピンク、福地ホワイト、上海早生、島ニンニク
旬の時期
6月~9月
成分
にんにくの香りのもとであるアリシンは強い殺菌作用のほか、ガンや血栓を予防する効果があります。
ビタミンB1の吸収を高め、疲労回復や滋養強壮に効果を発揮します。 また、強い殺菌力があり、結核菌やブドウ球菌、チフス菌などへの抗生物質として働く効果、血行を促進することで冷え症や血栓予防の効果もあります。
目利き
・乾燥していて、粒が大きく、硬くて締まりがあるもの ・外皮の色が白くツヤのあるもの ・芽が出ているものや皮が茶色に変色しているものは避けましょう
主な産地
北海道、青森県、香川県、鹿児島県
産地別出荷表