2017年7月22日、8月5日 栄区と神奈川区の図書館で食育講座を行いました。

写真見出し
写真見出し2
写真見出し3
ニュースリリース2017年7月22日、8月5日 栄区と神奈川区の図書館で食育講座を行いました。
平成29年7月22日(土)栄図書館、8月5日(土)神奈川図書館で野菜の講演を行いました。
この企画は横浜市と横浜市中央卸売市場の青果部・水産部から構成される協議会での活動の一環として実施しており、今年で第2回を迎えます。
テーマは「県内のお魚」と「夏野菜」について学ぼう!というもので、夏休み中の小中学生とその保護者を対象とし、夏休みの自由研究にも活用できる内容となっています。

当日は青果部・水産部でそれぞれ1時間の講演を、午前・午後に分けて行い、青果部では、栄区14名、神奈川区27名のお客様にお越しいただきました。(※青果部アンケート集計数より)
野菜ソムリエの資格を持つ講師として、弊社社員と仲卸業者の2名で行いました。
講演内容は「野菜、好きですか?おいしい野菜、食べてますか?」という話から、指定野菜14品目について、野菜の花当てクイズ、野菜の目利きや市場流通というものでした。
また、モロヘイヤのスムージーやぶどう、ミニトマト(フルーツトマト)の食べ比べを用意し、みなさんが楽しめる内容となりました。

横浜市中央卸売市場・青果部を一般のお客様に知っていただく機会がほとんど無い中で、今回のように図書館で講演が行えたことは市場の魅力を伝えられる良い機会になりました。
今後も市内の小学校で行う出前授業や今回のような講演を通じて、子供たちに野菜の知識や市場の大切さやを伝えていくような活動に力を入れていきたいです。

採用情報

採用情報

横浜丸中青果の採用情報になります。先輩スタッフへのインタビューがあります。

日本の農業を活性化し、日本の食を守ります

社長挨拶