地元神奈川野菜

神奈川地元野菜について 神奈川県では、古くから野菜や果物が栽培されてきました。当社でも創業当時から、横浜市内はもちろん、三浦、藤沢、平塚、厚木、小田原など神奈川県全域の野菜や果物を取り扱ってきました。
営業社員によると、30年前は、農家に自転車を借りて、100軒近い地元野菜の生産農家を一軒一軒山回り(産地まわり)をしたそうです。

神奈川地元野菜について 現在でも、小松菜やほうれん草、大根、キャベツ、きゅうり、トマト、じゃがいも、玉ねぎ、梅、みかん、すいか等いろいろな野菜や果物が季節ごとに栽培され、市場に出荷されています。
当社と生産地の距離が近いこともあり、生産者のみなさんと当社は頻繁に情報・意見交換を行っています。

神奈川地元野菜について 最近、「地元で生産されたものは地元で消費しよう」という「地産地消」の考え方が普及し、食に対する安心安全が重要視されるようになってきました。
首都圏有数の消費地と生産地が同一地域にあることから、この時流のなかで地元野菜が見直されており、スーパーや八百屋さんでも積極的に地元野菜を取り扱う店舗が増え、店内に設置された地元野菜コーナー等で目にする機会も多くなってきています。

神奈川地元野菜について また、神奈川県や横浜市では、地元農産物の生産振興のために「かながわブランド」や「はま菜ちゃん」といったブランド名やロゴマークを作成し、PR活動を行っています。

神奈川地元野菜について 日本全国・世界各地の生鮮青果物を扱う企業であると同時に、地元地域とも密接に連携を取りつつ活動していく上で、神奈川地元野菜は当社に必要不可欠な商材なのです。